KEISUKE HONDA- 本田 圭佑 -

KEISUKE HONDA(本田 圭佑)

1986年6月13日生まれ、大阪府出身
石川星稜高校を卒業後、2005年に名古屋グランパスエイトに入団。

2008年
オランダのVVVフェンロに移籍。
2部リーグにおける年間最優秀選手賞を受賞するなどヨーロッパで注目され始め、2009年にCSKAモスクワへ移籍。
移籍後はUEFAチャンピオンズリーグでフリーキックを決めるなど、チーム初のベスト8に貢献。ロシア国内のタイトルも総なめにした。
2010年
FIFAワールドカップ南アフリカ大会では、フリーキックを決めるなど2得点を記録し、世界中から注目を浴びる。
2011年
アジアカップでは、日本優勝の中心選手として活躍し、MVPを受賞。
2014年
イタリアの名門ACミランに移籍し、背番号10を背負う。
FIFA World Cup ブラジル大会で、1得点・1アシストを記録。

YUJIRO OHORI- 大堀 裕次郎 -

YUJIRO OHORI (大堀 裕次郎)

1991年11月20日生まれ、兵庫県出身

2006年
日本ジュニアで3位に入賞し石川遼らと共にナショナルチームに選抜される。
2010年

大阪学院大学に入学し、ゴルフ部で練習を重ねる。

その後、不調に悩まされる時期を恩師・井上コーチの指導の下乗り切り、学生ゴルフ最終年である2013年関西アマ優勝・日本アマ優勝とアマチュアの頂点に上り詰めた。
その後、初めて出場したプロの大会では、初日競合を押しのけてトップに立ち、初出場でトップ10入り(9位T)という快挙を達成。

2014年
JGTOツアーに初出場。プレッシャーのかかる初戦では、2日目まで首位を走り、その実力を証明した。

得意クラブはパターと語るものの、182cmという長身を活かしたドライバーの飛距離はアマチュア界では群を抜いており、300ヤードを大きく超える。